地震の予知をチェック【データを参考にできる】

的確な準備と計画

情報の上手な活用法とは

地球

電磁波によるシグナルと地震発生の研究が進められる中、予知情報の価値が急速に高まってきています。
以前は予言のように科学的な根拠が示されないものでしたが、シグナルがキャッチできるようになり、震源地エリアの特定にまで至っているのです。
一方でうわさレベルのデマがいまだに広まるため、まずは情報の出どころを確認し、間違った話題を鵜呑みにしないように心がけましょう。
SNSやインターネットで自身がパニックを広める結果となった場合、今後の生活に影響する可能性が高まるからです。
地震の予知情報は活用方法が大切なポイントで、特徴は数日前から数週間前といった避難準備期間が得られる点です。
そのため、防災グッズの購入と避難計画は早めに済ませておく必要があり、情報をキャッチしてからでは遅いケースが出てくるでしょう。
今後は地震予知サービスが社会全体に広まることが予測され、情報の発信とともに防災グッズの急激な品薄が発生しやすくなります。
後手に回って十分に準備できないという状況を避け、グッズと電灯電池類の準備は早いほど安心です。
被災時の行動計画も優先するべき作業の1つで、避難経路や集合場所を紙に記入し、血液型情報等も併せて防水加工を施しておきます。
紙に記しておくことで自分以外の人でも確認ができ、降雨や水害発生時にも紛失しません。
地震予知は行政機関が発信する情報とは異なりますので、情報をキャッチできるようにサービスの登録を済ませてからがスタート地点となります。

登録無料やトライアル利用

地震

東日本大震災や熊本地震など、近年日本列島には大型の地震による被害が後を絶ちません。
関東地方では地震が頻発しているため、今後30年以内に首都直下型地震が発生する確率が高いといわれています。
しかし、関東以外の地震予知については、耳にすることが少ないのが実情です。
しかし、いつ発生するか分からない地震に備えて、私たちは常日頃から注意をしておかなければなりません。
私たちがあまり知ることができない予知情報について、大きな味方になるものがインターネットの地震情報サイトの存在です。
多くのサイトで気象庁発表の地震速報を知ることができる上、関東地方に特化したサイトや日本を含めた世界レベルでのサイト、天変地異を集めたサイトなどたくさんあり、アクセスするだけで予知に関した情報を得ることができます。
しかし、サイトによっては会員制度を採用しているところもありますが、会員登録するだけで更に多くの情報を入手することができるのでおすすめです。
比較的有料サイトが多いのが特徴ですが、月利用額は数百円台がほとんどなのであまり大きな負担ではありません。
登録するメリットはサイトによって異なるものの、最新予知情報をメールで知らせてくれることや、予知期間や予測震源地、危険度情報など多岐に渡ります。
また、過去のデータを分析した長期予測情報や一定期間の測定グラフなどから事前に地震に備えて準備することができます。
そのため、緊急地震速報を知ったときにスピーディーに行動することが可能になります。
支払方法はクレジットカード決済かコンビニ支払が多いです。
しかし、登録初月は無料や数週間の無料トライアル利用などを設定しているサイトもありますので、登録の際はよく確認することが大切です。

発生後にも使える情報

波線

台風や火災など、様々な自然災害が起こり、そのたびに命を落とす人は少なくありません。
地震といえば恐ろしい自然災害のように思われますが、実は地震そのもので命を落とす人はいません。
地震による建物の倒壊や津波といった二次災害で、命を落とす人が多いのです。
地震は突然発生すると慌ててしまいますが、事前に発生するタイミングを知ることで冷静に対処できます。
現在の技術では、まだまだ地震の正確な発生時期を予知することは不可能ですが、ある程度の予知はできるようになりました。
インターネット上で、地震の発生を事前に予知して通知するサービスを展開している企業がいくつか存在します。
数日前には地震が起こることを通知してくれるサービスや、中には数週間以上前に通知してくれるサービスもあるので、どこがより正確に予知できるか見比べてみましょう。
地震発生を通知するサービスは、大抵無料で利用することができます。
しかし、有料版の方がより詳細な情報を得られるので、気に入ったサービスがあれば有料版に申し込みましょう。
有料版では、どのエリアにどの程度の揺れが起こるのかといった、より詳細な情報が掲載されています。
水が確保できる場所や避難先として利用できる施設など、利便性の高い情報も掲載されているので、地震発生後の対策も練りやすいでしょう。
地震はいかに素早く察知して動けるかが、命の分かれ目です。
今後大地震が発生する確率は決して低くはないので、いつ起こっても慌てることのないように心構えを持っておきましょう。

テレビで受信が可能です

日本地図と波線

緊急地震速報によって、地震の発生を割りとすぐに知ることが出来るようになりましたが、これは予知とは違うという事を理解しておきましょう。とはいっても現状では緊急地震速報がもっとも有効な手段なので、テレビやスマートフォンを使って活用する事が大切です。

もっと読む

的確な準備と計画

地球

地震予知は科学的に研究されている情報を活用し、うわさレベルのデマに惑わされないようにしましょう。情報キャッチで動き始めるのではなく、準備と計画は早期に済ませることが大切です。準備においては情報を紙に記入し、防水加工を施すと安心です。情報サービスは登録が必要となります。

もっと読む

災害を事前に知る

スマホ

日本では台風や地震などの、自然災害に合うことが多い土地柄です。その中でも地震については、研究が進んでいます。大きな災害を事前に予知するために、過去の文献を調べたり、地理的な研究のほかに、測量などを通じて発生の兆候を把握しようとするのです。

もっと読む